動画・武漢情報2月16日”うわさ” の横行

世の中は 何時の時代でも 「うわさ」や 「デマ」が蔓延ります。



「うわさ」と 「デマ」の違いはというと
「うわさ」 は 単に誤った情報やうわさ話。



「 デマ」は、情報発信者の意図が含まれているというニュアンスがあるので 悪質です。




さて、新型コロナウイルスの話題において 人数は少なくても
今や 日本が 主役になりつつあります。
忌忌しきことです。







中国では
今回の緊急事態において 「デマ」など 流したら大変なことになりますが
まことしやかに 「うわさ」が広がり始めています。



2003年のサーズの時ネット人口は今ほどではなかったので
当局は制御が可能でしたが 今回は 次々と「ウワサ」あふれ
本当に どれが真実なのかわからないほどです。





当局は必死です。







「うわさ」のことを 中国語で 「谣言」イャオ イェン といいますが
騒乱罪ですから 罪は重い。








先週位から、ネット上では湖北医療チームを支援する物資がなくなった
という噂が相次いでいます。


例えば
江蘇医療チームの荷物がなくなった。江蘇支援湖北医療隊は湖北に到着した後、
物資が差し押さえられ、荷物がなくなったということです。


他の省からの荷物や 海外からの支援物質も
いつの間にか 行方不明。





「うわさ」ですが なんとも不思議な気がしないでもありません。
火のないところに煙は立たない。
まことしやかに 「うわさ」が 流れる背景を 考えてみると・・・
一個人が 大量の荷物をどこかへ運び出すのは不可能であろうし、
ドサクサマギレに
集団で運びだそうとしても
厳重警戒下で魔法でも使わない限り、
無理ではなかろうかと・・・。じゃあ 誰が?
やっぱり 単なる「うわさ」??!!
真実だったら、非常に忌忌しきことだし 怖いことですね。






甘粛省での検問 消毒





広西高速公路入り口での 検問。



ニュースランキング
Last Modified :

Comments







非公開コメント